2021.01.07
寺子屋DX

第14回 フィーチャーについて①

写真

皆さんこんにちは。
教育グループ発信のコラム、『DX 寺子屋』、第14回です。
 

 
今回のコラムは、3DCADモデリングの基本、フィーチャーについてです。
 
以前、パラメトリックモデリングの特徴のひとつとして
『設計意図を持った形状(フィーチャー)を積み重ねてモデリングしていく』
というお話をしました。
第5回パラメトリックモデリングとダイレクトモデリング
 
フィーチャーとは設計意図を持った形状を表す上での最小単位で、大きく分けて2種類あります。
 
① 単純な形状を表すフィーチャー
 

 
② 形状に対して加工(丸みつけ等)を行うフィーチャー
 

 
3Dモデリングの形状作成の基本的な流れとしては
① で単純な形状を積み重ねて形状を作り、
② で形状の加工を行い、
最終的な形状を作っていきます。
 
 
これが、『設計意図を持った形状(フィーチャー)を積み重ねてモデリングしていく』ということです。
 

 
今回は、モデリングする上で基本となるフィーチャーのうち、
『①2次元平面に書いた図形から単純な形状を作るフィーチャー』
についてお話します。
 
 
こちらが代表的な4種類です。
 

 
※フィーチャーの名称はCADによって異なりますので、ここでは上記の名称を使用します。
 
これらのフィーチャーの共通点は、スケッチ(二次元平面に書いた形状)を作成し、それに対して厚み(深さ)をつける、ということです。
 
同じスケッチを使用しても、どのように厚みをつけるかによって、作成される形状が変わります。
 
今回は、違いがわかり易いように同じスケッチを使用し、それぞれのフィーチャーの特徴をお見せします。
  


 
 

【押し出し(パッド)】
スケッチが書かれた二次元平面に対して、スケッチを垂直方向に押し出した形状です。
 

 

 

 
【回転(シャフト)】
指定した軸を中心にして、スケッチを回転させた形状です。
 

 
回転フィーチャーを作成するには、スケッチ以外に回転の中心となる軸が必要です。
 

 

 

  
  
【ブレンド(ロフト)】
平行な2つ以上の平面に作成したスケッチをつないで作成した形状です。
 

 

 

 

 

 
 
【スイープ】
スケッチを軌道に沿って移動させ、作成した形状です。
 

 
スイープを作成するには、スケッチ以外に軌道が必要です。
 

 

 

 
 
以上、代表的な4種類のフィーチャーについてご紹介しました。
 
これらのフィーチャーは、形状を追加するだけでなく除去(カット)もできます。
形状を足したり、形状を削ったり…それらを繰り返して最終的な形状を作成するのです。
 
最初にも書いたように、フィーチャーはモデリングの基本です。
 
これらのフィーチャーの特徴を理解し使いこなすことで、意図した形状を作成することができます。
 
 
 

今回は『①2次元平面に書いた図形から単純な形状を作るフィーチャー』についてお伝えしました。
 
『② 形状に対して加工(丸みつけ等)を行うフィーチャー』は、また別の機会にお伝えします。
 
 

 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エンジニア・技術者をお探しの企業様へ

開発・設計現場のエンジニアが足りない!
CADに熟練した人材を派遣して欲しい!
CADの教育をしてほしい!

などのご要望がございましたらお気軽にお問合せ下さい!

【お問合せフォーム】は こちら
ダイテックスの事業拠点
東京、埼玉、石川、大阪、富山、愛知

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

CADのことなら
プロフェッショナル集団のダイテックスに
お気軽にご相談ください。

03-5703-0345

受付時間 8:30~17:30
土・日・祝日、夏季・冬季休業日を除く

03-5703-0345