2020.07.29
寺子屋DX

第4回 トップダウン・ボトムアップ

写真

教育グループ発信のコラム『DX 寺子屋』、第4回です。

今回はトップダウン、ボトムアップの考え方をCADモデリングにて、ご紹介します。
 

 
概要
 
●トップダウン
 
トップダウンはまず大きさや基準位置、機構など全体像を決めてから、
部品の形状作成をします。(例;新規設計)
 

●ボトムアップ
 
ボトムアップは既に出来上がっている部品を組み合わせ、最終的に全体像が成立します。
既存の部品を流用したいときなどに使います。(例;流用設計)
 

 

 
簡単に例を挙げましょう!まずは考え方について。
 

 
次はトップダウン、ボトムアップのイメージを挙げましょう。
 
●トップダウンのイメージ
 

 
―●トップダウンの組付けイメージ①
 

 

 
―●トップダウンの組付けイメージ②
 

 

 
●ボトムアップのイメージ
 

 

 
―●ボトムアップの組付けイメージ

 

 
トップダウンとボトムアップについて、イメージいただけましたか?
 

 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エンジニア・技術者をお探しの企業様へ

開発・設計現場のエンジニアが足りない!
CADに熟練した人材を派遣して欲しい!
CADの教育をしてほしい!

などのご要望がございましたらお気軽にお問合せ下さい!

【お問合せフォーム】は こちら
ダイテックスの事業拠点
東京、埼玉、石川、大阪、富山、愛知

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

CADのことなら
プロフェッショナル集団のダイテックスに
お気軽にご相談ください。

03-5703-0345

受付時間 8:30~17:30
土・日・祝日、夏季・冬季休業日を除く

03-5703-0345