2022.05.16
教育

我が家のにゃんこ(猫)② 保護猫

写真

みなさまこんにちは☆
【CADのプロフェッショナル集団】ダイテックスの教育担当です。

我が家のにゃんこ(猫)① でアメリカンショートヘアーの猫をご紹介したのですが、うちにはもう1匹猫がいます。
なぜか足ピーンと伸ばして寝ているところを激写☆

えっ犬派だったくせに猫もう一匹!?って感じですが、
一人暮らしの私は外出で家を空けることもしばしば・・・
そんな時、我が家のにゃんこはひとり(?)寂しくお留守番なのです。

猫は犬に比べて寂しがらないというイメージですが、
そうでもないのではないかなと思うことがありまして。
私が家に帰ると結構な勢いでくっついてきたり、飛び出してきたり・・・
もしかして寂しいかなー仲間がいるといいかもなぁなんて考えるようになりました。
猫を飼い始めてから、世の中には恵まれない猫達が多くいることを知り、
次は保護猫を引き取ろう、と考えていました。
しかし結構審査が厳しく、そもそも一人暮らしはNGだとか、在宅何時間以上、など
私には当てはまらない条件の保護団体も多くありました。
そんな中、通りがかりの駅前で譲渡会を開いているところに遭遇しました。
そこに小さな黒猫がいて、隅っこで小さくなって震えていたのです。

既に猫を1匹飼っている事や家の間取りなどを話して、まずは1週間、先住猫との相性を確認することになりました。
猫同士、相性って結構大事らしいです。

この写真からも伝わるかなと思うのですが、性格がかなり違っていて、アメショはおっとりしていて、黒猫はすごくアクティブです。
預かり開始する際は実際に保護団体の方が玄関先まで連れていらっしゃって、
脱走防止策などのチェックをなさって、預かり、という流れでした。

最初はかなり威嚇してシャーっと吠えていて心配だったのですが、
今ではすっかり仲良しです。


猫を飼い始めてペット業界の闇、保護猫のことなど、新しく知ることが多くありました。
興味がないと気にも止まらず知らない、そんなことが世の中にはまだまだたくさんあって、
それに気づいてもいなかったりするのだろうなーなんてことを考えました。

【株式会社ダイテックス】
機械設計・CAD アウトソーシング事業
 ~エンジニア派遣/請負/委託~

SHARE:
  • Twitter
  • facebook