2021.09.21
システムGr.

通信機器の住所?

皆さんこんにちは。
【CADのプロッフェッショナル集団】ダイテックスの多趣味@Sです。

第三火曜日はシステムグループのブログ担当日。グループ一同で書かせてもらいます!

近年、凄まじい早さで進化を遂げている通信機器。
回線速度の高速化や膨大なデータ通信、オンラインゲームなどのリアルタイムアクセス処理。

この先の未来はどの様になっているのでしょうか・・・

人が機械に支配されてきている・・・気がしなくもない。

これら通信機器類。
スマホ、パソコン、ゲーム機が代表的なモノかも知れませんが、これだけ多くの機器が普及する中で
データ通信が混線せず、スムーズに特定の機器同士が繋ぎ合えるのは何故か・・・?

その正体は、全ての通信機器には2つとして存在しない特定の住所があるからです。

これをMACアドレスと言います。「 Media Access Control address 」の略です。

我々で言うマイナンバーのようなもの?!って所ですね。

このMACアドレスもマイナンバー同様、安易に第三者へ伝えたり、SNSやネット上で公開するなどは危険な行為。
知られてしまうと通信機器のハッキングなどに繋がってしまう為、最大限に気を付けたいものです。

「私は大丈夫。他人には伝えない」・・・と、気を付けていても落とし穴はあります。

最も安易で危険とされるのは、街中で設けられている無料ネットワーク接続が可能なフリースポットWi-Fi。

無料で繋がる反面、MACアドレスが盗まれる可能性があります。
MACアドレスの漏洩からネット犯罪に繋がるケースもありますので、身に覚えのないWi-Fiには繋がない事です。

タダより怖いものはない・・・ですね。

便利さ故に危険は多いものです。正しく安全にネットライフしましょう。

  【株式会社ダイテックス】
機械設計・CAD アウトソーシング事業
 ~エンジニア派遣/請負/委託~

SHARE:
  • Twitter
  • facebook