2020.12.02
教育

空の色―雲の名前―

写真

みなさまこんにちは☆
【CADのプロフェッショナル集団】ダイテックスの教育担当です。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。関東はここのところ朝の最低気温を更新していて、
寒くなってきたなぁという実感が湧いています。

寒い時はつい縮こまりがちになりますよね。
先日の朝、通勤時に『寒い寒い~』と思いながら背中を丸めていることに気付き、背中を伸ばした時に、空が目に入りました。
そしたらなんとも見事なひつじ雲!!思わず写真に撮ってしまいました。

こちらは本社の入り口から見上げた空の写真です。
東京ですが目の前が公園なので、ある程度開けた空を見ることができます。
ブログに書こ~♪と思ったときにふと気になったことが。
うろこ雲というのもあったような・・・
これは調べなければということで、調べました。便利な時代です。

そこで発覚した新事実・・・!!
ひつじ雲とうろこ雲は明確に区別されていました。
他にもいわし雲など異なる呼び方を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
私は今まで、それぞれ呼び方が色々なだけで、ひつじ雲とうろこ雲は同じもの、という認識でした。
しかし調べるにつれ何となく思ったことがあります。
『これって小さな頃習ったような・・・?』
忘れてしまっていただけなのでしょうか。
人間の記憶はあいまいですね。
そんなことを考えたときに未来が舞台のSF小説に、人間に記憶チップを入れる、という話があったのを思い出しました。
なんとも便利そうと思いながらも、忘れたいことも記録されてしまうのだろうか、それとも自分で選べるのかななど空想が展開されました。

何はともあれ今はまだ、記憶チップも入っていないので、しばらくはGoogle先生に頼ることになりそうです。

さて、先ほどの写真は「ひつじ雲」なのか「うろこ雲」なのか!?
高積雲なら「ひつじ雲」巻積雲なら「うろこ雲」ですが果たしてどちらでしょう。
ちなみに同じ日のお昼にはこんな感じの雲に変わっていました。

ご興味を持たれた方は「10種雲形」で検索いただくと分類がたくさん出てきますよ☆

  【株式会社ダイテックス】
機械設計・CAD アウトソーシング事業
 ~エンジニア派遣/請負/委託~

SHARE:
  • Twitter
  • facebook