2020.09.10
定期

「今が最善」

写真

選手と目標を共有し目的達成を目指す道中で、
成功とは反対に上手くいかない事や思わぬアクシデントが多々起こることがあります。
そういった時は「今が最善」だと、ポジティブな思考を共有するようにしています。

新しいことへの挑戦や、リスクを背負った挑戦には思わぬアクシデントは付き物です。

スポーツは試合本番まで結果が分からないので目的達成という結果に執着しすぎると
1つのアクシデントで気持ちが沈みやすく、心の疲弊が大きくなります。
もちろん結果にはこだわりますが、大切なのは試合で最善を出す事です。

練習で上手くいかないとき、思うように成果が出ない時でも
「今が最善」というプラス思考をお互いに共有しながら、
目標達成へと確実に繋げていきます。

SHARE:
  • Twitter
  • facebook

PROFILE

「情熱」この言葉を選手時代にダイテックスから教わりました。 コーチとして、教わった「情熱」を胸に選手と共に成長していきます。 ダイテックスへの熱い応援よろしくお願いします!

  • 年齢: 24歳
  • 出身地:新潟県
  • 競技年数: 8年

主な成績:

[2020年]

  • 1月 第3回全日本社会人テコンドー選手権大会 -68㎏級 優勝

[2019年]

  • 10月 2019ギリシャオープン大会 -68㎏級 第3位
  • 5月 2019世界テコンドー選手権大会(マンチェスター)出場
  • 2月 第12回全日本テコンドー選手権大会 -68kg級 優勝

[2018年]

  • 8月 第18回アジア競技大会-63kg級 出場
  • 3月 第18回アジア競技大会最終選考会 -63kg級 優勝
  • 2月 ATUアジアテコンドー選手権日本代表選手選考会 -68kg級準優勝
  • 1月 第11回全日本テコンドー選手権大会 -68kg級 準優勝