2020.10.28
教育

VRでデザインレビュー

写真

こんにちは。
【CADのプロフェッショナル集団】ダイテックスの教育担当です。

私たちは機械設計の分野における技術サービスを事業としています。
テクノロジーは日進月歩、この分野にも注目すべき変化が見られます。

近年は、VR(Virtual Reality)やAR(Augmented Reality)、
そしてMR(Mixed Reality)を用いた3Dデータ活用の模索が続いています。

例えば、、、
これまでディスプレイやプロジェクタを見ながら行っていたデザインレビュー(設計審査)。
VRを用いれば、仮想空間で実物大の3Dモデルを見ながら議論することが可能です。

しかも、遠隔で複数名が同じ空間を共有できたり、全員が同時に同じ視点に立つことができたり、
はたまた組立や点検の動作を実際の手順で試すことができたり、バーチャルならではのメリットが色々あります。

VR,AR,MRのような技術が普及すればするほど、CADデータ(設計データ)の利用価値もまた高まっていくことでしょう。
テクノロジーの進化にアンテナを張りながら、引き続き日本のものづくりに貢献していきます!

SHARE:
  • Twitter
  • facebook