2021.07.08
中途向け

色とりどりの傘

写真

こんにちは!
CADのプロフェッショナル集団ダイテックスの採用担当です。

梅雨時期、傘の出番が増えます。

たくさんの人たちが傘をさして歩いているのを見ると、傘の形も様々であることがよくわかります。
もちろんデザインも様々なので、傘を眺めながら歩くと、それぞれに個性が感じられ、意外と楽しいものです。

傘にはどんな分類があるのだろうと思い、専門的に紹介しているページを調べてみましたよ。

まずは種類。
雨傘と日傘は言わずもがな。
その他に、晴雨兼用雨傘と晴雨兼用日傘があるそうです(なんだか暗号のような字面ですね)。

次に形態。
長傘(定番ですね)
折傘(折り畳み傘のこと)
ショート傘(持ち運びやすそう)
ミニ傘(3~5段折傘らしいです)

最後に形状。
標準張りに対して、深張りと浅張りがあるそうです。

これらの組合せとデザインのおかげで、雨の日は色とりどりの傘のパレードが見られるわけです。梅雨時期の通勤もいいものですね。

  【株式会社ダイテックス】
機械設計・CAD アウトソーシング事業
 ~エンジニア派遣/請負/委託~

SHARE:
  • Twitter
  • facebook