2021.02.22
中途向け

本当にあった電話応対

写真

皆さんこんにちは!

CADのプロフェッショナル集団、ダイテックス採用担当です!!

今回は就活マナーには欠かせない「電話応対」について大事なポイントをお伝えします!

・電話をする前にメモ帳とペンを用意しておく

相手からかかってきた電話に出れず折り返すこともあると思います。
その際には必ずメモ帳とペンを用意し、必要な情報をすぐ書けるようにしておきましょう。
と、ここまでは出来ている方も多いですが・・・
最後に書いた情報を復唱し確認を取りましょう!自分の情報が間違えていないか確認をすることが大切です。

・静かな場所でかける

よく電車乗っていて出られなかった時、降りてすぐ掛けなおすこともあると思います。
しかし交通量の多い場所や人混みなど、騒音が大きい場所から電話をかけると相手は聞き取りづらいです。
「お声が遠いようで…」と言われる前に、人混みが少ない場所に移動して電話を掛けるようにしましょう。
また、地下鉄などは電波が悪い場合もあるので確認してから電話をするようにしましょう。

・挨拶はしっかりと

私が採用担当になって意外と多いなと感じたのは挨拶についてです。
掛けなおしてきてくれたのはいいのですが、
いきなり「お電話いただいたんですけど…」とかけてくる方も。
これだと誰が誰に掛けたのかも分からないので、
「〇〇大学の○○と申します。先ほど○○様からお電話を頂き、折り返しのご連絡をいたしました」としっかり名乗りましょう。

・時間帯には気を付けて

ダイテックスだけでなく多くの企業は12時~13時付近の時間帯、お昼休憩を取っています。
この時間にかけても出られない場合や担当者不在の場合があるので、9時~12時、13時~17時半の間に掛けるようにしましょう。

・最後まで気は抜かない

電話の終盤で
「では失礼いたしま「ブチッ」
・・・・
こんなこともあります。
悲しいです。
最後まで相手の話を聞き、相手が切ってから切るようにしましょう。

以上、実際に私が採用担当になって経験したことも踏まえ
気を付けたいポイントをお伝えしました!

就活生の皆さん!
しっかりと就活マナーを身に付けて就活に挑みましょう!!

【株式会社ダイテックス】
機械設計・CAD アウトソーシング事業
 ~エンジニア派遣/請負/委託~

SHARE:
  • Twitter
  • facebook