2020.11.04
教育

クリアファイルをしまう向き☆

写真

みなさまこんにちは☆
【CADのプロフェッショナル集団】ダイテックスの教育担当です。

先日少し驚くことがあったので今日はそのことを書きます。

クリアファイルを本棚に入れる際、たまにやってしまうことがあります。
何かと言うと、端っこが折れてしまうんです・・・
赤丸で囲ったところです。意図せずドッグイヤー状態です。

この原因はわかってはいるのです。
本棚にしまう際、急いで突っ込むせいでこうなっているのです。
下の写真をご覧ください。


      

ここです!
この隙間に入れる際に、キュッとめくりあがってしまったにもかかわらず
そのまま突っ込まれるのでクリアファイルとしては折れ曲がるしかなくなるのです。

何か解決策はないのかな?と思い、周りの人に聞いてみたところ
以下のやり取りが行われました。

K:「なんかクリアファイルの先っぽが曲がっちゃうんだよね。これどうしてる?」
S:「え?そうはなりませんよ。」
N:「うん、なりませんね。どう入れてます?」
K:「ん?どうってどう入れてるの?」
N:「こうですよ。」
K:「へー!そうやって入れてるの?えっみんなそうなの?」
S:「私もそれです。」
K:「え~!!」

ということで、私が入れているのとは逆の向きで入れていたんです。
私はなんとなく本の背表紙をこちらに向ける感覚で、
上の写真の向きで本棚に入れているのですが・・・

少なくともこの部署では私が少数派でした。
果たして世の中ではどちらが多数派なのでしょうか?

みなさんはどちら向きにしまっていますか?

SHARE:
  • Twitter
  • facebook